Melancholiaの日記

日々の愁情を綴ります

カズキの結婚式

大学時代の友人の結婚式に参加した.

 

 

久々に会う友人達は3年経った今も大学時代と全く変わらない風貌だった。

でも中身は変わっていた。

 

結婚するのは親友の一人のカズキ。

彼は俺の知っている大学時代に付き合っていた人ではなく、社会人になってから出会った女性と結婚した。

 

結婚するってなんなんだろう。

それぞれの家族が顔を合わせる会?

節目として第三者達に互いの婚約者を披露する会?

 

この時来ていた友人の一人は結婚式はしないらしい。

そもそも何故結婚式をしないといけないのか?

人間らしくありたいから?

 

自分自身、彼女の為にはしてあげたいと思うが、正直言って面倒な気持ちがあるのは確かである。

 

しかし、古い友人達に会って色々話せるのは良いものだった。

カズキは友人に恵まれている。

恵まれてるのは本人の性格とこれまで積み重ねたものが素晴らしいからなのは言うまでもない。

 

今まで参加した結婚式ではあまり感じたことのない感情があった。

自分の知り合いが多かったからかな。

なんで今自分は少し寂しい気持ちになってるんだろう。

わからない。

 

この歳になってもまだまだわからない事はたくさんあるんだな。

 

 

もう少し頑張って生きてみよう

 

 

カエルさん

中国の生活にも慣れて来た。

やはりこの仕事は面白そうである。

どこの会社に行ったって嫌な奴は必ずいるものだ。

「俺が若い頃は今のやつらの5人分の仕事をしていた、11時や12時まで毎日仕事をしていた、今の若い奴らは駄目だ」
烈海王と闘う前の刃牙と同じように,俺が想定していた展開が今日目の前で繰り広げられていた。

身を粉にして仕事をしなければいけないのは誰よりも分かっているつもりである。

そして何より、就業時間中に暇でそんな話をしている奴が効率良く仕事をしているのだろうか。

間もない自分にはまだ彼のパラメータが測りきれていないので、印象だけで判断するつもりはないが、貴方ごとき1年あれば追い越せるだろう。

俺としては1社ではなく最低2社程度は会社を回ってから最強のエンジニアになるつもりであったが、嫁のこともありここで定年を迎えることになりそうである。

やはり間違いなくそして確実に、外を知らない人間は,外を知っている人間から見るとあまりに哀れなことを今日実感した。井の中の蛙大海を知らずとはまさにあなたのことです。

自分の振る舞いにも気を配らねばならない。
この子達を手のひらの上で転がさなければならないのだから。

やはり会社というのは大変なものである。


ハカン選手

今日はweekdaysの疲れを癒す為 + 明日の試合のイメトレを兼ねて

一日中ウイイレしてた.

 

そしたら訳わからんくらい「フリーキック精度」高い奴がいたわけっすわ.

架空選手かなと思ってたら顔ちゃんとしてるし,

実在すんのかなと思って,さっきカレー食いながらyoutube見たら

異次元すぎて,むせてカレーのゲボ吐きそうになった.

最近でもこんな奴いんだね.トルコ人のハカン選手.

 

マジでミサイルな41mフリーキック



えぐいやろこれ.

普通は吐くわ.

 

 

塚田さんウイイレやりましょう.

暇です.